小さな発見

実印イメージ

突然ですが、私は日常生活や仕事上では特にすぐには使いそうにない事でもひたすら調べるのが大好きです。
一つの事柄について辞典をひいたり、色々な書物をひっぱってきてはその中から探している情報について書かれている部分を見つけて小さな発見をする事がこの上ない喜びとなっているからです。

ちなみに「印」はひざまづいている人を手で押さえているさまを表している文字で「抑(おさえる)」の原字なのだそうで作りが転じ、転じて最後には「印」になったのだそうです。
意味はもちろん「しるし」で「印」の他に同じ読みをして近いものは「表、章、祥」等などかなりの種類があり、表は「表札・その家のしるし」、祥は「吉祥・めでたいしるし」等などの使い方をします。

【実印登録の印鑑をお探しの方】
実印登録を急ぎで購入を考えている方必見!印鑑卸売市場は実印や印鑑を最短即日出荷!

はんことして「印」を使う言葉も、爪印、血印、私印、拇印、実印、認印といろいろあります。
ただし実印は、一人一個に限って、市区町村の役所に登録しておき重要書類に押印であり、印鑑証明を求める事ができるとても大切な印ですので慎重に扱い、認印とは確実に別だとわかるくらいの違いを持たせて作ったほうが良いと思います。
印の書体は今でも篆書が基本であって、それは篆書が神秘的な力を宿してある最後の書体であるからだそうです。

そのほかは隷書、草書、行書、楷書文字がありますが、それぞれにおもむきがあります。
全ての文字がとても個性的な字体をしておりますので各自の好みに合わせて外枠とのバランスの良いものを持ちたいものですね。

~ 人気のWEBショップ情報 ~

<朱肉のいらない印鑑>シャチハタ

朱肉のいらない認め印といえば、シャチハタネーム印!
書類の整理に最適な、Xstamperシリーズや日付と名前、メッセージを一度に押せるデータネームシリーズなどビジネスシーンだけでなく日常生活でも活躍します。

シャチハタをお探しなら、シャチハタの専門店【シャチハタ館】をご覧下さい。

ページの先頭へ