嘘ではないが、古い

シャチハタイメージ

本当につい最近まで、私は
「何で公式書類にシャチハタの印鑑以外でって言われるの?」
と、言っておりました。皆様はご存知ですか?

実は世間で言われているシャチハタ不可の理由と本当の理由が若干違うようです。
ちなみに私が教えられた理由は
「インクがにじむから・インクが薄くなるから」
でした。何人かはこの理由を言われた人が多いのではないでしょうか?
しかし実際理由として強いのは
「ゴム印だから」なようです。

何でゴム印だとダメなのか?大体予想はできているかもしれませんが、やはりゴム印はゴム製です。
実際の印鑑のように石や木、象牙ではない為、押した時にゆがむ可能性が考えられる為認められないという説が有力なようです。
じゃあ、インクがにじむ説は嘘だったのとお思いの方、実はこれも嘘ではないんです。嘘ではないですが、古いんだそうです。考えが。

【印鑑を作成するならこの通販サイト】
印鑑卸売市場は、高品質で激安な印鑑を卸売価格で作成し最短即日出荷!

確かに過去のシャチハタの場合はインクがにじんだり薄くなったりしたのだそうです。
しかしそれも十数年以上前の話で現在はインクの改良が進み、実は既にインクの問題はないも同然になっているのだそうです。
ちなみに前述のゴム印についても特に間違いなくそうだという説ではなく可能性の一種なんだそうです。

それでは何故シャチハタ不可なのか?
皆さん、その辺のシャチハタの類似のはんこの名前正式名称で言ってますか?
シャチハタって言っていませんか?
シャチハタは超大手です老若男女シャチハタを知っています。

シャチハタじゃないハンコまでシャチハタって言っちゃう可能性もないとは言い切れない様子。
もしシャチハタでも可と力いっぱい言っちゃったら、それこそとんでもないハンコがくる可能性があるのですんなりオッケーとはいえないのだそうです。

~ 人気のWEBショップ情報 ~

<簡単・自由に>名刺作成

ページ上で文字のレイアウトを作成・調節して注文できる「作れる!簡単名刺」。
様々なタイプのテンプレートからお選びできるので、こだわりの名刺を作成できます。

ビジネスの場面ではもちろん、プライベートでも活躍する名刺をお探しなら
年間14万件以上の出荷実績を持つ【スピード名刺館】をご覧下さい。

ページの先頭へ